読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アムウェイに誘われた話。3



前回、私は講演会に行き

Sさんとお会いすることができた。


このSさんは後の私のグループのトップである。

アムウェイには何個かランク付けがある。

私は詳しくはわからないですが、Sさんもかなりランクが上でいい年収らしいです( ˘ω˘ )




後日、またお会いする日を設けてくれた。

この頃まだ連絡先を知らなかったので

店長に日にちを合わせてもらっていた。


Sさんと会う日、店長は仕事なので

私は男性Aと一緒に行くことになった。


ある駅で待ち合わせをしました。

男性Aは少し遅刻してきました。

ごめんね、と合流し、本当に本当にたわいもない話をしながら案内された。


しかし、Sさんは忙しいらしく、予定より1時間遅れるとのこと・・・。

その間カフェで待つことになりました。


A『めがみすちゃんは将来したい事とかあるの?』


そんな話になった。

今思えばアムウェイへの伏線もしれないけど、その時くらいから大きい夢ができたので正直に告げた。


A『へ〜!若いのにすごい具体的に思ってるんだね!!俺がその頃は全然何も考えてなかったよ。』


すごい褒めてくれました 笑

なので私も同じ質問を投げかけました。


A『俺は子供が好きでね、あとスポーツも好きだから、子供が楽しめるスポーツのイベントをするのが夢なんだ!

最近の子供は外で遊ばなくなったからね・・・』


とても素晴らしい夢ですよね。

本当にしたいのかはさておき、この人も頑張ってるんだなと思いました。


『Sさんの事なんだけどね。俺がSさんと会ったのは、めがみすちゃんくらいの時で、本当にすごい人だと思ってるんだよね!夢を実現されてて、尊敬してる。色々教えてもらいたくてすごいアポ取ってたよ(笑)』


と今思えば"神的存在だよ!"アピールをしてきた。

でも、その時は、優しそうでお金持ちで仕事できるなら尊敬しますわな〜って思ってました。笑

私も今でもある意味すごい人と思ってますが。普通にいい人ではあるので。



そんな話で時間を潰してたら

A『Sさんから連絡来た!そろそろ行こうか!』

と会計を後にした。


(余談ですがそのカフェに私の高校の先輩が働いていて後日Facebookで聞いたらやっぱりめがみすちゃんだよねー!となった。ただの余談)







Aと歩いてて10分くらい  

着いた先は














タワーマンション!!!!!(ドーーーン)


の上階の方!!!!!(ドドーーーーン)


凄いなぁと思い、人生初タワーマンションに入っていった。。。









ピンポーン







A『Aです!今日はよろしくお願いします!』

S『待ってたよ!いらっしゃい!!』

私も、よろしくお願いします。お邪魔します

そう言ってオシャレな玄関を入った。


S『今日は遅れてごめんね、仕事が押してて・・・』


この時初めてだったから何とも思わなかったけど、Sさんは何度か予定が遅れるのである。予定通り始まったことはない。

わざとなのか、時間配分が出来ないのか…笑



S『今日はよく来てくれたね。ありがとう!

改めてSです。』


お互い自己紹介が済んで

S『この前の講演に来てくれて、どうだった?』


そうですね、凄いなと。

どうなってそうなれるのか知りたいなと思いました。と伝え…


S『めがみすちゃんは凄いね、あの話を理解できたんだ。初めて聞く人は分からない人が多いけど、センスがあるんだね。

めがみすちゃんは"将来こうなっていたい"理想があるの?』


はい、私は・・・

となんだか面接みたいな感じに、真面目に答えた。

この時のSさんの表情は目を開いて

眉間にシワを寄せて真剣そうに聞いていた。


S『へー!すごい具体的で素敵だね。

この年齢でこれだけ将来を考えているのはすごいよ。』


A『ですよね。さっきめがみすちゃんと話してたんですけど、本当にすごいと思いました!』


すごいグル感ありますが

バカにされるよりかは気持ちいいですよね 笑


S『僕はね、これまでコツコツやって来たけど、めがみすちゃんのやりたい事全部やって来たよ。

でも難しいことでもなく、リスクもなく、誰でも出来ること。着実に準備していけば、めがみすちゃんでも出来るからね。』



S『いつかめがみすちゃんの夢を一緒に叶えられる時が来るかも。めがみすちゃんの状態が整えば、色々なイベントや仕事もできるね!これから楽しみだね!』










そんな具合でこの日はお開き。(え?)


帰る際、なぜかSさんと握手をして

お見送りされました。











そう。

まだアムウェイの話は出てきませんでした。














A『今日は為になったね、またね!』


はい、では。


そう言ってAとも別れて帰りました。










為になったかはわからないけど

少しワクワクな気分。


少しずつビジネスの話が聞けるんだろうなと

これからが楽しみになっていました。


アムウェイの話は次回・・・?!









追記


私の周りだけかもしれませんが

アムウェイの人、結構時間にルーズです。笑



では、またアムウェイに誘われた。4で!





アムウェイに誘われた話。2


素敵なお兄さんに紹介され現れた

Sさんは・・・・・








色黒なお兄さん!!!!!(バーン!!!)


サーフィンしてそうな感じですが

実はテニスが好きらしい。昼間はほぼ毎日テニスしてるらしい。そんなSさん


当たり障りのない感じの挨拶で始まった講演。

果たして内容はどうなるのか!?いかに!?!?




まずは、Sさんの経歴。

元々は海外へ行くの仕事をしていて、年収もそこそこだったらしい。

だが、その仕事先で出会った人にあることを教えてもらったらしい。


『本質を見極めるかで人生が変わる、と』


たしかに、ではどうしたらそうなれるのか。

彼は続けた。


『一般の人はウワサやイメージ、マスコミのことを信じる。だが本当に大切なのは、根拠や価値を知ること』


うんうん、なるほど。根拠大切やね。


『それを出来るようになるには

自分の立ち位置を知り、なりたい人の側にいること。環境や付き合う人、時間の使い方が重要です。』


へーへー、確かに確かに。


『今の人間は人生が仕事に支配されている。

そうではなく、きちんと出口を想像しゴールを目指すことが大切。

そのゴールが楽しいことか、縛られないことか……

わかりやすく言うと、今やってる仕事で先輩や上司の姿は数年後のあなたの姿です。

生き生きしてなければいい仕事ではありません。』


たしかにねー、メモメモ


『更に、これからの日本、定年退職後は1人1億は必要になる。年金もあてにならない。

30歳から貯金するに月25万もしなければならない。税金も上がる。大変だとは思いませんか?』


それはたいへーん!メモメモ


『だからこそ、今の時代は副業が許されているのです。

むしろ副業が必要です。』


『今の世の中、仕事のタイプは4つあります。

①仕事が辛くお給料少ない

②仕事は楽しいがお給料少ない

③仕事は辛いがお給料多い

④仕事も楽(自由)でお給料多い

僕は④になりたいと思いました。

そしてなる事が出来ました!

でも実はこれは誰にでも出来ることなのです!』






ほほぉ、

一体どんなマジックを使ってなったのか・・・


しかしその内容に関しては

この講演では詳しく話されることなく終了した。










私は店長と男性AとSさんに挨拶に行きました。

『めがみすです。よろしくお願いします。

今日はありがとうございました。』

など適度な挨拶をし、気になったことを聞いてみました。

『Sさんは、お仕事なにをされているのですか?』


すると、Sさんは答えてくれた。

『今はコンサルティングをしてるよ。

ファッションもやりたいなと考えてるんだ。』


へー、コンサルティングかぁ。

色黒サーファーな雰囲気で意外だ。

まぁこの手の人はやりたがる職業だなぁ

とか思いながら少しモヤモヤして会場を後にしました。









店長『めがみすさん、どうだった?』


えぇ、まぁ大体知ってる感じの内容でしたね。と話すと


『すごいねぇ、私初めて聞いた時サッパリだったよ』


ウソォ・・・と思いつつ、でもお金持ちになった仕組みが知りたくてまた会ってみたいと告げて解散しました。


















アムウェイが明かされるまでが

結構長いのです。


次のブログで明かされるかも…!?


ぜひ引き継ぎ読んで下さいね。







アムウェイに誘われた話。1


こんにちは。


アムウェイ利用者です。


が、基本ビジネスはしてません。

商品だけ使ってるアムウェイ1年生です。


あなたはアムウェイ知ってますか?

若い人はあまり知らないようですが

数年前にちょっと問題になったビジネスなんですって。

権利収入とか、チャンスとか言って、物を買わせ、人を金にしかみてない人達のせい(しつこい勧誘)で問題になりました。

ネットワークビジネスはそんなもんですよね。


……では、私が勧誘(?)された話を書いていきます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ある日、私の働いているお店の店長と普通に会話していました。

店長は言いました。

『私ね、今すごい人と会って話しているんだ』と。


私はすごい人?どんな人なんですかって聞き返しました。

すると

『海外を飛び回ってて、自由な時間をもってて、でもお金もある。私もそうなりたいからどうしたらそうなれるか話を聞いているの。めがみすさんも興味ない?』

それは興味ありますよね。一体どんなことをしたらそうなれたのか。旅行やリゾート大好きだし!


『じゃあ、会えるか聞いてみるね!忙しいみたいだからすぐは難しいと思うけど…』

なんだかすごい人なんだな、そんな印象を受けてますます気になりました。

で、店長とその人は何の話をしているか聞いてみました。


『時間もお金も自由になるにはどうやって行動していけば良いか、その順序とか、かな。私からはうまく話せないけど…』

へ?理解してないの?秘密なの?

ちょっと心配になりました。


『めがみすさんに言ってわかるかな…、多分その人から直接聞いた方がわかると思うんだ。』

そう言ってこの話は終わりました。






後日、

『めがみすさん、この日空いてる?』


と聞かれ、空いてますと答えると

『この間話してたすごい人がね、講演やるんだ!だから一緒に行かない?』

それはフリースタイルという、"時間もお金も自由になれる序章を話す"ものだった。


チケット代は1000円。2時間ほどの講演。

一体どんな人なのかな…やっと実体が見れる

と楽しみに待ちました。





当日、もう1人男性が一緒に来ることになりました。

その人は店長をアムウェイに誘った人です。

ですが、その時はそのことは知らなかったので、最近知り合った人なんだなくらいしか思っていませんでした。


その方の車に乗って会場へ向かいました。

向かってる最中に男性(以降男性A)はすっごく話しかけてきて、うっわ距離感近ッ……と少し引いていました。笑





会場はビルの中の一室で、

そんなに大きくはないですが4.50人は入るくらいのスペースがあるところでした。

へー、個人のセミナーってこういう感じでやるんだ!と興味津々状態の私。

他にも何名かゾロゾロと現れ、座ろうかと案内され席について待ってました。


(あっ、あのオシャレなお兄さんかな?背も高くてキチンとしてる……)


そう思った矢先でした。


そのお兄さんはマイクを手に取り、司会の場に立ちました。

『今日はお集まりいただきありがとうございます。この後すごい人(以降Sさん)をお呼びいたします。Sさんどうぞ!』







えっ、お兄さんちゃうんかーーーい!!!


そう心の中で思いながら拍手をして

Sさんを待ちました。














つづく。