読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アムウェイに誘われた話。1


こんにちは。


アムウェイ利用者です。


が、基本ビジネスはしてません。

商品だけ使ってるアムウェイ1年生です。


あなたはアムウェイ知ってますか?

若い人はあまり知らないようですが

数年前にちょっと問題になったビジネスなんですって。

権利収入とか、チャンスとか言って、物を買わせ、人を金にしかみてない人達のせい(しつこい勧誘)で問題になりました。

ネットワークビジネスはそんなもんですよね。


……では、私が勧誘(?)された話を書いていきます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ある日、私の働いているお店の店長と普通に会話していました。

店長は言いました。

『私ね、今すごい人と会って話しているんだ』と。


私はすごい人?どんな人なんですかって聞き返しました。

すると

『海外を飛び回ってて、自由な時間をもってて、でもお金もある。私もそうなりたいからどうしたらそうなれるか話を聞いているの。めがみすさんも興味ない?』

それは興味ありますよね。一体どんなことをしたらそうなれたのか。旅行やリゾート大好きだし!


『じゃあ、会えるか聞いてみるね!忙しいみたいだからすぐは難しいと思うけど…』

なんだかすごい人なんだな、そんな印象を受けてますます気になりました。

で、店長とその人は何の話をしているか聞いてみました。


『時間もお金も自由になるにはどうやって行動していけば良いか、その順序とか、かな。私からはうまく話せないけど…』

へ?理解してないの?秘密なの?

ちょっと心配になりました。


『めがみすさんに言ってわかるかな…、多分その人から直接聞いた方がわかると思うんだ。』

そう言ってこの話は終わりました。






後日、

『めがみすさん、この日空いてる?』


と聞かれ、空いてますと答えると

『この間話してたすごい人がね、講演やるんだ!だから一緒に行かない?』

それはフリースタイルという、"時間もお金も自由になれる序章を話す"ものだった。


チケット代は1000円。2時間ほどの講演。

一体どんな人なのかな…やっと実体が見れる

と楽しみに待ちました。





当日、もう1人男性が一緒に来ることになりました。

その人は店長をアムウェイに誘った人です。

ですが、その時はそのことは知らなかったので、最近知り合った人なんだなくらいしか思っていませんでした。


その方の車に乗って会場へ向かいました。

向かってる最中に男性(以降男性A)はすっごく話しかけてきて、うっわ距離感近ッ……と少し引いていました。笑





会場はビルの中の一室で、

そんなに大きくはないですが4.50人は入るくらいのスペースがあるところでした。

へー、個人のセミナーってこういう感じでやるんだ!と興味津々状態の私。

他にも何名かゾロゾロと現れ、座ろうかと案内され席について待ってました。


(あっ、あのオシャレなお兄さんかな?背も高くてキチンとしてる……)


そう思った矢先でした。


そのお兄さんはマイクを手に取り、司会の場に立ちました。

『今日はお集まりいただきありがとうございます。この後すごい人(以降Sさん)をお呼びいたします。Sさんどうぞ!』







えっ、お兄さんちゃうんかーーーい!!!


そう心の中で思いながら拍手をして

Sさんを待ちました。














つづく。